小型、軽量で4K30Pが撮影可能な「DJI Mini 2」

"DJI Mini 2" that is compact and lightweight and can shoot 4K30P

日本仕様は 199g、航空法の規制範囲外で国土交通省許可承認申請の必要なし。最大飛行時間18分。

The Japanese specification weighs 199g, which is outside the scope of the Aviation Law and does not require an application for approval from the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. Maximum flight time 18 minutes.

強い接続のOcuSync 2.0で機体と接続。

Connect to the aircraft with a strong connection, OcuSync 2.0.

バッテリーの重量で日本仕様の199gにしていますが、30分間飛行を可能にするには海外仕様の大型バッテリーを使用します。 この場合は国土交通省許可承認が必要になります。

The weight of the battery is 199g for Japanese specifications, but to enable flight for 30 minutes, a large battery for overseas specifications is used. In this case, approval from the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism is required.

202011

 

DJIスマート送信機が最新のMavic Air 2に対応です。

DJI Smart Transmitter Compatible with Latest Drone Mavic Air 2

OcuSync 2.0で機体と接続。つまり強い接続がキープされます。

しかも、HDMIout付き(最大1920x1080 60P)です。今後は幅広い活用が期待できます。

Connect with the aircraft with OcuSync 2.0. In other words, a strong connection is kept.

Moreover, it comes with HDMI out. Widespread use can be expected in the future.

​生配信・生中継に対応可能になりました。

It is now possible to support live distribution and live broadcasting.

202010

​ドローン飛行時にBOLTでワイヤレス環境を構築

​生配信にて「BOLT 3000XT」でのワイヤレス映像送り環境を構築し、使用しました。ドローンの電波との混信はなく、安心して使用できました。

​ドローンを飛ばす時にパイロットが自由に動ける事は安全飛行の重要な要素です。

​さいたまスーパーアリーナ内

ドローンとプロポの距離は100m以内。

プロポとBOLT送信機との距離は30cm程度。

BOLTの送信機と受信きの距離は最大で80m程度でした。

ドローンからの映像が生配信、生中継に対応しました。

Supports live distribution and live broadcasting of images from drones

* HDMI output 1280x720/Transmission delay 0.17 - 0.24 seconds

Uses "mavic air" that can be carried by train or plane including spare aircraft

予備の機体を含め電車や飛行機で運搬可能な「mavic air」使用します。

​※HDMI出力HD1280x720/伝送の遅延  0.17〜0.24秒

202003

ロゴマーク完成しました。

202007