自動操縦撮影が可能になりました。(屋外限定)


自動操縦撮影はタイムライン上に飛行コース(緯度、経度、高度)、速度、停止時間、ジンバルの方向、録画スタートやストップ、写真撮影タイミングも設定できます。飛行後にタイムラインを修正する事が可能でより良い動画撮影を目指せます。 タイムラインは地図上で予測作成する方法と撮影現場で映像を確認しながら作成する

2つの方法があり、設定後は何度でも同一ルートを自動飛行撮影が可能です。