1インチ CMOSセンサー 5.4K


Dlog-M カラープロファイルにより、約10億色を記録、細部に至るすべての色情報を保持


高度インテリジェント機能、マスターショット誕生。ボタンをタップするだけで、どんな場所でも最高のショットを撮影。被写体を選択すると、その被写体をフレームの中心に捉えたまま、ドローンは10種類の異なるパターンの飛行動作を順番に実行しながら撮影。その後、映画のような短編動画を生成。


高度操縦支援システム (APAS 4.0) のアルゴリズムがさらに進化し、複雑な環境や高速での飛行時などでも障害物を能動的に回避。


安全システム AirSenseは、付近を飛行中の航空機やヘリコプターから発せられるADS-B(放送型自動位置情報伝送)信号で飛行位置情報を受信し、DJI Fly アプリでそれらの位置を地図上に表示して、音声と視覚の両方で警告。そのため、進路を妨害しないように機体を遠ざけることができます。

25回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示