top of page
ドローン空撮概要

ジンバル付き撮影用小型ドローン(リモートID発信機能付き)を使用します。

日本国内全域、夜間、人口密集地での空撮が可能です。

動画 最大 MP4/MOV(H.264/MPEG-4 AVC、H.265/HEVC)

                5.4K : 5472x3078 30fps (DJI AIR 2S)

                4K Ultra HD:3840×2160 60 fps (DJI AIR 2S)  

静止画 最大 4:3:8064×6048 (48 MP) (DJI MINI 3 PRO)

 

国土交通省全国包括申請の許可承認内容

・人又は家屋の密集している地域の上空

・人又は物件から30m以上の距離が確保できない飛行

・夜間飛行(DID別申請)

 

催し場所(イベント)上空、高度150m以上からの撮影、空港、ヘリポート、自衛隊、官庁付近上空は、飛行高度制限や個々に国土交通省等への申請が必要です。

 

一般市民に近い飛行場所では所轄警察や公安委員会への事前通報を行います。

予備の機体を含め2機を中型パッケージで収納可能ですので、機材運搬は鉄道、車両、航空機、船舶等を使用できます。

 

1案件150分程度の飛行用バッテリーを用意しています。

AC電源をご用意頂ければ充電後、追加飛行が可能です。

 

データ納品用メディアをご用意ください。(HDD、SSD 等)

飛行補助者を1名以上、ご協力頂き運用いたします。

環境により電磁波などの確認飛行が必要な場合があります。

業務利用損害保険加入:東京海上日動火災保険株式会社

1事故につき:対人:10億円 対物:10億円

動画:基本料金

作業時間8時間以内、120分以内の動画 150,000円(税別)

  撮影 + 現場でのデータ納品(MOV/MP4)

静止画:基本料金

作業時間4時間以内、20枚以内の静止画 75,000円(税別)

  撮影 + 現場でのデータ納品(JPEG/DNG(RAW))

※オーバータイム:1時間ごとに + 基本料金 x 1/10 (税別)

運搬車両費、交通費、有料道路料金、宿泊費、食事等別。

※飛行内容により、

国土交通省無人航空機飛行許可申請料金

所轄警察署(公安委員会)への事前通報料金が発生します。

※「キャンセルポリシー」

撮影日4日前まではキャンセル料は頂きません。

3日前 : 基本料金の25パーセント

2日前 : 基本料金の50パーセント

1日前 : 基本料金の75パーセント

当日 : 基本料金の100パーセント​

bottom of page